体の悩み事

女のあそこを舐める!男性どんな気持ちであそこを舐めているのか?

男性女性共にフェロモン物質ってあります。そのフェロモン物質によって男は女と意識したりします。フェロモンは毛の生えた所からアポクリン汗腺というところから汗と一緒に分泌されるものです。

女性のフェロモンは男性にしかわからず、男性だけが喜ぶ香りというか物質なんです。

女のあそこを舐める男性

男性があそこを舐めるのは2通りあると思います。

しかし自然と引き寄せる力は女性器にはあると思います。男性を引き寄せるフェロモンの力によって男性が舐めたくなるようにできているんだと思います。

男性が舐めたくて舐める

女性が恥ずかしがったり嫌がっている姿により興奮する男性もいます。反応があろうがなかろうが、とにかく舐めたいのが先にきて舐める男性は多いです。

舐められることによって女性は気持ちよくなり濡れてくるのですが、濡れない女性は舐められて気持ちよくても濡れない女性もいます。

女性が気持ちいいから舐める

今までのセックスで自分から進んで舐めたことがない男性も、AVなどを見て勉強して「女性って舐められれば気持ち良いんだ~」って思ってから舐め始める男性もいます。セックスで実際に舐めてみたら気持ちよさそうにしている女性を見てより興奮するのが男性です。

ジャムウ

濡れすぎると気持ちよくない?

女性器が濡れすぎると男女ともに気持ちよくないって本当なの?

注意

これってちょっと間違った考えなんです。風俗に行くとローションプレイがあるみたいですが、濡れすぎがローションよりヌルヌルしてますか?

実は膣が広いのが原因で女性の指1本を差し込んで周りを包み込むようなら合格で周り全体を包まない状態なら濡れすぎが原因ではなくて膣が広いんです。

気持ちよくないのは濡れすぎではない

濡れすぎが気持ちよくない原因だと勘違いしてませんか?

男性器が白くなるほど濡れていても気持ちが良いのが普通です。

濡れすぎではなく、濡れすぎても気持ちが良い膣の持ち主ではないってことなんです。だからインナーボールで膣を狭くする膣トレが必要です。

膣の中を狭くする

膣の入り口にしか筋肉は付いていないので体操では膣の中までは気耐えられない。

男女ともに気持ちよくなりたいのならインナーボールしかありません。

舐めたときの男性心理

舐めてみて抵抗なく舐められたらそれからのセックスでは必ず舐めてくれるでしょう。しかしセックスには倦怠期があり回数が減ってくる人がほとんどです。そんな時は舐める回数も減ってきます。

男性が思ってる以上に美味しかったらたっぷり長時間舐めてくれるでしょう。長時間舐められることによって何度もイカされる場合もあります。

それがよりセックスを楽しくしたりします。

舐めてみて手入れがされていない女性器は、1度舐めてくれますが、早めに切り上げられて2度と舐めてはくれません。女性器は生理があったりしてオリモノも出てきます。常に清潔にしてないとダメなんです。

どんな時でもバッグに必ず忍ばせて欲しいのがデリケートウェットなんです。

デリケートウェットはジャムウの甘いいい香りのついたウェットティッシュです。これでセックス前に一拭きすることで汚れも綺麗に落ちて匂いも消し去り、最後にいい香りをつけてくれる女性の見方なんです。

あそこを舐めてイカせる

貴女のあそこをイクまで丁寧に舐めてくれる男性は、貴女のことを思っていること間違いないでしょう。挿入でイカせられる男性はそんなに多くはないんです。

アンケートではセックスの度に女性をイカセてるって答えた男性は80%にも及ぶが、女性の20%しかイッタことはないって答えています。それだけ男性は女性の演技にゴマカセられていることになります。

男性は女性をイカセることで征服感を味わえて気分が高まります。イッタような演技をすることで男性は「俺にぞっこんだな~」って思うんです。

濡れすぎて恥ずかしい すぐ濡れる女を思う男性心理

男性とデートなどしてて濡れるのは男性にはうれしいことです。 何も関係ない所でも濡れるのは性病かもしれません。 ベッドに行きパンティを脱がせたら既に濡れすぎるほど濡れているのは男性にとってうれしい物です ...

続きを見る

あそこを舐めるときってどんな気持ち?

きちんとお手入れされていれば抵抗なく舐めてくれるでしょう。しかしデリケートウェットじゃ拭き取れない部分があるんです。それは陰毛です。下着や陰毛は濡れたときにつく恐れのある場所です。

あそこは粘膜でできているので振りかけるわけにはいきません。下着はセックスの時に脱がされるのであまり心配ないですが、あそこを舐めるときに男性の鼻についてくるのが陰毛です。

注意

脱毛してツルツル以外の人は濡れた愛液が付いてる可能性があります。直前に濡れる人は良いのですが、デートの最中から早めに濡れてる人は、濡れることによって菌が繁殖しやすい環境で繁殖した後乾いて死滅するんです。死滅した菌が悪臭を放つんです。

あそこの粘膜だけ清潔にしていれば良いのではなく、デリケートゾーンの陰毛もいい香りのするデオドラントが必要です。あそこを舐めていていい香りがしてきたら貴女がイクまで舐めてくれるでしょう。

ソープ付きで普段のお風呂から綺麗にしていてセックスの直前にあそこを二本指で隠してデオドラントをスプレーしましょう。

どちらも脱毛サロンから生まれた気品ある香りです。ワンランク上の女性になって彼に美味しさを提供できる女性になってください。

新インナーブラン

彼をアメリカに連れて行くニューヨークの香り
【イビサソープ】と【イビサデオドラント】

 

-体の悩み事

© 2021 女性の恋愛専門学校